いつでも全品送料無料JAL/ANAマイルアップキャンペーン開催中

アメリカンツーリスター

アメリカンツーリスターの歴史

  • 誕生
  • 故郷
  • 広告の時代
  • サムソナイト傘下へ
  • 伝説のBOXO
  • 素材の革新
  • ブランド展開
創立者ソル・コフラー

誕生

American Touristerの起源は、1933年にソル・コフラーによってアメリカ合衆国ロードアイランド州プロビデンスに設立されたアメリカン・ラゲージ・ワークス社にさかのぼります。

時あたかもフランクリン・ルーズベルトが大統領に就任し、ニューディール政策によってアメリカは大恐慌から脱しようとしていました。そのような時代の中、13歳でアメリカに移住してきたコフラーはアメリカンドリームの実現に向けて、大きな意欲を燃やしていたのです。旅行かばんや革小物の工場で経験を積んだコフラーは26歳でアメリカン・ラゲージ・ワークスを設立。その目標は競争相手に比べてより丈夫でリーズナブルな旅行かばんを製作することでした。たった一人でスタートしたアメリカン・ラゲージ・ワークスですが、新型の機械を導入することによってパーツ数を抑えた旅行かばんを製作することに成功。これにより堅牢性に優れ、洗練されたデザインの旅行かばんが実現するとともに、生産にかかる時間の大幅な短縮にもなりました。

Page Top

故郷

American Touristerが生まれたプロビデンスはアメリカ合衆国ロードアイランド州にありま す。ロードアイランド州は全米で最も小さい州ですが、建国13州のひとつとして長い歴史を持っています。歴史の長い州ではキリスト教が人々の生活や文化に大きな影響をもたらし、プロビデンスでもその教えと精神が職人たちのモノづくりに対する真摯な姿勢へと引き継がれました。

また、はるかに面積の広いお隣のマサチューセッツ州にはカトリックの住民が多かったことに対し、小さなロードアイランド州はさまざまな宗派のキリスト教徒が集まる地域でした。このことはプロビデンスの人たちに自由な考えを持つ機会を与えることになり、柔軟な発想をする気風が生まれたのです。American Touristerの品質やデザインへのこだわりは、このような歴史的、地理的背景を反映しています。

プロビデンス
Page Top

素材の革新

コフラーの品質に対する追求はさらに続きます。彼は戦争中に弾薬ケースやヘルメットの素材として実用化されていたプラスチックを旅行かばんに採用することを考えていました。

木材からプラスチックへの素材の変更には新たな設備投資と生産ラインの大幅な変更が必要でしたが、コフラーは自宅を抵当に入れてまでこれを実現。プラスチックの導入は旅行かばん業界の堅牢性と経済性の標準に大きな衝撃を与え、American Touristerは旅行かばんの歴史に大きな一歩を記すこととなりました。

創業当時の広告とトランク/トランクの堅牢性をアピールする広告
Page Top

広告の時代

第二次世界大戦が終了すると、コフラーは多額の費用をかけた広告を展開しました。まだアメリカの地方ブランドに過ぎなかったAmerican Touristerとアメリカン・ラゲージ・ワークス社を全米に知らしめると同時に、後に高い評価を得る広告戦略の礎となったのです。

特にAmerican Touristerの堅牢性は評判となり、それをさらにアピールするため制作された様々なテレビCMや雑誌広告はAmerican Touristerの名を不動のものとしました。最も成功したのはゴリラがスーツケースを乱暴に扱う広告で、American Touristerのタフな商品イメージが全米に広まることになったのです。1970年代に始まった広告展開の成功によりゴリラはAmerican Touristerのイメージキャラクターとなり、品質保証書にもその姿が見られるようになりました。

広告
多彩な広告とゴリラのモチーフ
最新バージョンのFlash Playerをインストールすると、このコンテンツをご覧いただくことができます。
お手数ですが、最新バージョンのFlash Playerをインストールしてから、このコンテンツをお楽しみ下さい。
Page Top

ブランド展開

時代が進むにつれて、American Touristerは発展する社会のニーズに適う商品展開を進めていきます。流行を取り入れるという視点からも商品を開発し、女性的な色合いのシリーズやワンポイントに刺繍をあしらったキャリーケースなど、ファッションアイテムとしても使えるラゲッジが登場しました。

ビジネスの世界でも、出張に出かける旅行者の多様化するニーズに応えられるよう、現在もなお新しい機能の開発を続けています。旅行用のラゲッジだけでなく普段使いのバックパックやショルダーバッグ、アウトドア仕様のものまで目的に応じた商品を続々と開発し、充実した今日のラインナップに至るのです。

ファッションやビジネス、ファミリーユースなど様々なプロダクト展開
Page Top

サムソナイト傘下へ

American Touristerはサムソナイトに次いで世界第2位の規模を誇る旅行かばんブランドに成長しました。技術革新と品質の高さ、優れたデザインを追求し続けるその姿勢はアメリカ市場で広く受けいれられ、全米で誰でも知っている旅行かばんブランドとして確固たる地位を築いています。
1995年にサムソナイトの傘下に入ってからは、そのグローバルネットワークを積極的に活用。
2006年度には世界40カ国以上の販売地域を持ち、売上規模は200億円に達しました。

ロゴの変遷
Page Top
爆発的人気を博したBOXO Plus

伝説のBOXO

American Touristerのグローバルチームとサムソナイト・ジャパンチームが共同で開発し、2006年に発売したBOXO(ボクソ)シリーズ。充実した機能とダイナミックなデザインが見事に融合したスーツケースとして、日本国内だけで累計販売数が5万本を超える爆発的ヒット商品となりました。50年代のアメリカ車が持つ機能美と躍動感を感じさせるBOXOシリーズは、ものづくりに対するソル・コフラーの理想を70年後の日本で形にしたものといえます。

そして、BOXOのDNAを受け継ぐシリーズとして2010年にCube Alfa(キューブアルファ)が登場。手荷物の重量に関する規定がより厳しくなるというエアトラベルの変化に対応するため、ボディに100%ポリカーボネートのみを採用し軽量化を実現しました。時代に合わせて、旅行のスタイルも変化していきます。優れた品質、デザインへのこだわりといった創業者の理念を守りながらも、変わりゆくトラベラーのニーズに合わせて進化し続けるラゲッジのエキスパート――旅行のあるところ、American Touristerは常にそこにあります。

search

login

cart

マイル

  • JALトリプルマイルキャンペーン
  • ANAダブルマイルキャンペーン

calendar

メルマガ

メールマガジンの登録

登録

  • youtube
  • facebook
  • instagram

■メールマガジンについて

≫登録はこちら

≫解除はこちら